脇 黒ずみ 皮膚科

MENU

脇の黒ずみは皮膚科で解消できる?

脇の黒ずみをクリームなどで、セルフケアをしていたけれど、思ったような効果が得られないという方も少なくありません。
肌に表れた黒ずみは黒ずみの原因と、状態に合わせたケアを根気強く行っていく必要がありますが、今すぐなんとかしたいという方も多いですよね。

 

そんな時には、やはり皮膚科などで専門的な治療を受けるというのも選択肢の一つです。
特に間違ったセルフケアを知らない内にしていた方は、短期間で黒ずみが解消したという方もいますし、時代と共に、新しい技術も登場してより、負担も少ない治療が増えてきています。

 

脇の黒ずみを皮膚科で治療する時の病院選び

まず、脇の黒ずみを皮膚科で治療する時の病院選びですが、基本的には、一般的な皮膚科・美容皮膚科外科、クリニックの2種類があります。

 

それぞれ特徴があるのですが、症状が軽めな方の場合には、一般的な皮膚科で相談をしてみても良いですが、一般的な皮膚科の場合には、用意されている治療方法が美容皮膚科と比べて少ない傾向にあります。

 

というのも、逆に美容皮膚科の場合には女性が気にされる箇所を治療するといった目的がほとんどですので、症状に合わせて治療の種類も豊富な点があります。

 

一般的な皮膚科の脇の黒ずみ治療

一般的な皮膚科での治療の場合には、美白有効成分などを配合した塗り薬(ハイドロキノンなど)を処方して治療することが多いです。

 

美容皮膚科の脇の黒ずみ治療

美容皮膚科での脇の治療は塗り薬での治療に加えて、ケミカルピーリングやレーザー治療があります。
ハイドロキノンなどを配合した塗り薬で期待した効果が得られない場合、もしくは短期間で黒ずみをなんとかしたい場合に選ばれることが多いです。

 

また、毛穴の詰まりや古い角質が溜まって黒ずんでいる場合にはケミカルピーリングを行う場合があります。

 

患者さんの脇の黒ずみの状態に合わせて選べるというのが美容皮膚科のメリットです。

 

脇の黒ずみを皮膚科で治療した場合の費用は?

脇の黒ずみを皮膚科で治療した場合、一般的な皮膚科と美容皮膚科では同じ治療でも費用が違うことが多いです。

 

レーザー治療の一般的な費用

レーザー治療の一般的な費用は平均1万円くらいが相場となっています。ただし、これはクリニックのキャンペーンやセットコースなどによって、割引などが用意されていたり、複数回の継続した治療などの場合にも割引されることが多いので、事前にチェックが必要です。

 

ケミカルピーリング治療の一般的な費用

ケミカルピーリングの場合には6000円〜8000円くらいが相場となっています。
こちらの治療もクリニックなどによって、価格が違うことやキャンペーンなどによって、変動することが多いです。

 

コストで選ぶか?治療の幅で選ぶか?

一般的な皮膚科と比べて美容皮膚科の場合には、カウンセリングや治療中のケア、アフターサポートなどのサービスも加わっており、気になることを相談しやすい点があるものの、一般的な皮膚科よりも費用が高くなる傾向にあります。

 

例えば、ハイドロキノンなどの塗り薬での治療でも、一般的な皮膚科の場合、1500〜3000円程度なのに対して、美容皮膚科の場合には3000円以上ということが多いです。

 

脇の黒ずみ治療の皮膚科選びのポイント

脇の黒ずみ治療の皮膚科選びのポイントとしては、

  • ホームページで治療についての説明がわかりやすいこと
  • 費用面が明瞭
  • 無料カウンセリングがある
  • 医師のプロフィールや症例について
  • 治療方法の数と実際の症例
  • アフターフォローの充実

基本的にはこれらは必ずチェックしたいポイントです。
費用面を安く抑えることも大切ですが、まずはしっかりと脇の黒ずみがキレイに解消できるか?が大切です。
治療後のトラブルなどを避けるためにも、アフターフォローの充実なども比較ポイントになります。

 

脇の黒ずみのセルフケアならピューレパール

 

ピューレパール